日本株は小幅反落、銀行や陸運安い-米景気期待で輸出堅調

日本株は小幅反落。直近で上昇が目 立っていた銀行や保険、証券など金融株が安い。2012年3月期の設備 投資額が過去最高になる可能性が一部で報じられたJR東海を中心に、 陸運株も下げた。

一方、米国の景気期待を背景に輸送用機器や機械、電気機器といっ た輸出関連株は終日堅調に推移し、全体相場を下支えした。日経平均株 価の終値は前日比17円33銭(0.2%)安の1万380円77銭、TOPI Xは同0.11ポイント(0.01%)安の911.69。東証1部33業種は20業 種が下落、上昇は13。

ばんせい投信投資顧問の廣重勝彦調査部長は、「日本株は11月か ら2カ月間上昇しており、高値警戒感から上値を追いにくい状況だ。株 価指数先物の12月特別清算値(SQ)の1万420円に近づき、利益確 定売りも出やすい」との見方を示した。ただ、「直近の米経済指標は良 好な内容が多く、円高恐怖感が後退しているため、売り込まれにくい」 とも話した。

日経平均、TOPIXとも午前の取引で昨年5月以来の高値を更新 したが、その後はマイナス圏に沈む上値の重い展開だった。TOPIX が直近安値を付けた昨年11月2日から前日までの業種別上昇率ランキ ングを見ると、1位が証券・商品先物取引(29%)、2位その他金融 (23%)、3位石油・石炭製品(23%)、4位銀行(19%)など。きょ うは上位だった金融株が安く推移した。

もっとも、東証1部の騰落銘柄状況を見ると、値上がりが950と値 下がりの557を上回っており、大型株主導で指数は下がったが、広範囲 の銘柄が買われた格好だ。明和証券の矢野正義シニアマーケットアナリ ストが、「昨年は円高が日本株にマイナス要因となったが、米国景気が 良くなると為替は円安になり、日本株は上昇する」と指摘するなど、市 場関係者の間で先高観測は強いようだ。

相次ぐ良好な米統計

米国では、市場予想を上回る経済指標が相次いでいる。4日に米国 で発表された11月の製造業受注額は前月比0.7%増と、ブルームバー グ予想の0.1%減に反して増加。3日発表の12月の製造業景況指数は 7カ月ぶりの急速なペースで拡大、米製造業は改善傾向を見せている。

大和投資信託の長野吉納シニアストラテジストは、「年末年始に発 表された米経済指標は非常に強く、米国景気は心配するところが非常に 少ない。それを受け、日本を含めた世界の株式市場は堅調な動き」との 受け止め方だ。4日の海外為替市場では、米景気期待からドルが上昇。 主要通貨に対するドルの実効レートは0.2%高と3日続伸した。

ヤフー、メガトプが下落

個別では、ゴールドマン・サックス証券がスマートフォン(多機能 携帯端末)普及の影響を理由に投資判断を新規に「売り」としたヤフー や、12月の既存店売上高が前年同月比11%減となったメガネトップ、 野村証券が業績不透明感を理由に投資判断を引き下げた電気化学工業が 売られた。

12年3月期の設備投資額が過去最高になる可能性が5日付の日本 経済新聞朝刊で報じられ、資金負担の増加などを懸念されたJR東海も 下落した。

半面、シンフォニアテクノロジー、高岳製作所など電気自動車(E V)用充電器関連株が上昇。中国の大型原子炉開発に協力する方向で検 討していることが明らかになった東芝のほか、ゴールドマン証が投資判 断を「買い(コンビクション)」に新規設定したグリーも買われた。

新興市場は下落。ジャスダック指数は前日比0.8%安の52.20、東 証マザーズ指数は同0.3%安の439.75。31日に上場廃止となるレイテ ックスが続落した半面、韓国企業と3DアクションRPGの独占ライセ ンス契約を締結したゲームオンがストップ高(制限値幅いっぱいの上 昇)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE