債券は反発、株安で先物に前日急落の反動買い-10年入札は無難の見方

債券相場は反発。国内株相場が軟調 に推移したことを受けて、先物は前日午後に売り込まれた反動で買い が優勢となった。あすの10年利付国債入札を無難に通過できるとの見 方が出て、午後には中長期ゾーンが買い進まれる場面があった。

三井住友海上きらめき生命保険経理財務部の堀川真一部長は、10 年債入札で特段の波乱はないとみているが、週末には米雇用統計発表 もあって投資家は基本的に様子見だと指摘。こうした中、「先物相場に 関しては売り方の買い戻しで底堅い推移だった」とも話した。

東京先物市場の中心限月の3月物は、前日比横ばいの140円28 銭で開始。直後にこの日の安値140円24銭まで続落したが、すぐに買 われて140円30銭台に持ち直した。午後に再び買いが優勢となると一 時は140円57銭まで上昇幅を拡大。その後、取引終盤にかけては伸び 悩んで、結局は16銭高の140円44銭で終了した。

4日の米国市場では株式や債券相場が総じてもみ合いだったため、 朝方の国内債市場では前日午後に急落した地合いを引き継ぐとみられ、 10年債入札接近もあって軟調な推移を予想する見方が出ていた。先物 3月物は前日午後には一時41銭安まで下落した。

しかし、大発会の取引で昨年5月14日以来の高値を更新した日経 平均株価が反落すると、債券先物には前日午後の急落の反動もあって 買いが優勢となった。みずほインベスターズ証券の井上明彦チーフス トラテジストは、先物は昨年末の大納会で予想対比上振れ、きのうの 大発会では下振れ気味に推移するなど値動きが荒く、きょうについて は短期的な売られ過ぎの修正の動きが強まったとの見方を示した。

ドイツ証券の山下周チーフ金利ストラテジストは、あす以降に入 札が続く10年超の年限では売りが先行したとしながらも、きのうから の利回り上昇もあって10年債入札が低調に終わるリスクは軽減して おり、先物には買い戻しが優勢の展開だったとも言う。

10年債利回りは1.16%

現物市場で新発10年物の312回債利回りは、4日終値と同じ

1.165%で始まり、午前には1.16-1.17%での小動きが続いた。午後 に入ると一時は2.5bp低下の1.14%を付けたが、この水準では売りも 出ていたもようで、4時16分現在では0.5bp低い1.16%で推移して いる。

312回債利回りは新年の取引でじり高に推移したが、きょうは朝 方に売りが一巡すると買い優勢となった。三菱UFJモルガン・スタ ンレー証券の石井純チーフ債券ストラテジストは、米国の景気指標が 上振れ気味なのは気掛かりだとしながらも、一方で投資家の押し目買 いも相応に見込める水準だと指摘。このため、あすの10年利付国債入 札(1月発行)について、市場では無難に通過するとの見方が出てい る。

一方、超長期債には売りが優勢となって、20年物の123回債利回 りは3.5bp高の1.925%、30年物の33回債は2.5bp高の2.065%まで 上昇した。来週以降に30年債と20年債の入札が続くことに加えて、 ドイツ証の山下氏によると、10年超の年限における利回りスプレッド (格差)縮小を受けて、あすの新発10年債を購入しようとする向きが 20年債や30年債を売ってヘッジをかける動きもあったと言う。

あす10年債入札、利率1.2%に据え置きか

財務省は6日に10年利付国債(1月発行)の価格競争入札を実施 する。10年債の表面利率(クーポン)について、市場では1.2%に据 え置かれるとの見方が有力で、その場合は312回債と銘柄統合される リオープン発行となる。発行予定額は2兆2000億円程度。

みずほインベスターズ証の井上氏は、10年債の金利水準は昨年12 月に付けた1.2%台後半からは見劣りするとはいえ、中期や超長期債 対比では特に割高感があるわけではないとみており、入札自体が大き な波乱となることはないとの見方を示した。

もっとも、7日には米国で雇用統計発表を控えているため、10年 債入札を無事に通過しても積極的な買いは期待しづらい。ドイツ証の 山下氏は、10年債がリオープン発行になれば相応の需要があるとしな がらも、市場で米国の景気回復が意識されている中での買いには慎重 にならざるを得ないとも言い、「投資家は雇用統計発表後の米長期金利 や株価動向を見極めたい意向だ」と話した。

ブルームバーグ・ニュースがまとめた市場予想によると、米国の 昨年12月の非農業部門雇用者数は前月比14万人増加となり、11月の 3万9000人増を上回る伸びが見込まれている。

--取材協力:池田祐美 Editors:Hidenori Yamanaka,Masaru Aoki

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 赤間信行 Nobuyuki Akama +81-3-3201-8842 akam@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE