ブラジル株:ボベスパ指数は続伸、航空株が高い-レアルは下落

4日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が続伸。航空株が買われたほか、バンコBTGパクチ ュアルが鉄鉱石価格の上昇見通しを示したことが好感された。

時価総額でブラジル最大の航空会社、GOL航空が高い。今年の 国内航空需要が最大15%増加するとの見通しを発表したことが好感 された。一方、ブラジル石油公社(ペトロブラス)は下落。ポルトガ ルの資源会社、ガルプ・エナージアの株式取得についてイタリアのエ ネルギー会社ENIと交渉中だと発表したことが売り材料となった。 ヴァーレは1.9%高。BTGが鉄鉱石生産企業の買いを推奨したこと が手掛かり。

エセンプリア・エマージング・マーケッツ(ロンドン)で10億 ドル(約820億円)相当の「レッグ・メイソン・エマージング・マ ーケッツ・エクイティ・ファンド」の運用に携わるアキコ・ウェン氏 は「ブラジルの状況はなお明るい」と指摘。「ヴァーレを投資先とし て選好する。概して鉄鉱石には非常に良好な需給環境がある」と述べ た。

ボベスパ指数は前日比0.5%高の70317.79で終了。同指数構成 銘柄のうち値上がりは39銘柄、値下がりは28銘柄。BM&Fボベ スパ小型株指数は同0.7%安の1441.43。通貨レアルは0.8%安の1 ドル=1.6605レアル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE