米国株:下落、商品相場安で素材関連に売り

米株式相場は下落。ドル上昇に伴う 商品相場安を背景に、素材株に売りが広がった。

米連邦公開市場委員会(FOMC、昨年12月14日開催)の議 事録が公開されると、株式は下げ幅を縮小した。議事録には、国債購 入計画を縮小できるほど、景気は十分に回復していないとの見解が記 されていた。米産金最大手ニューモント・マイニングは下落、フリー ポート・マクモラン・カッパー・アンド・ゴールドも安い。S&P 500種株価指数の素材株価指数は下落した。

S&P500種株価指数は前日比0.1%下落の1270.20。ダウ工 業株30種平均は20.43ドル(0.2%)上昇し、11691.18ドル。

アクシオム・キャピタル・マネジメント(ニューヨーク)のリア ム・ダルトン社長は、「今年の初めに株価が上昇するとは考えにくい。 景気の強弱を示す材料が混在しており、景気は改善しているとしても、 依然として大型の強気相場を支えられるほど十分ではない」と指摘し た。

今年の株見通し

モルガン・スタンレーの米株式戦略責任者のアダム・パーカー 氏によると、米株は今年末までに、企業利益の伸び鈍化を背景に下落 する見通しだ。同氏が率いるチームが発表した3日付のリポートによ ると、S&P500種は年末までに1238と、前日の終値から2.7%の 値下がりが予想されている。

S&P500種採用企業の今年の利益予想は1株当たり93ドル、 来年は98ドルとなっている。

ニューモントなど個別銘柄

ニューモントは下落。この日のニューヨーク金先物相場は、急 反落。景気回復で金への逃避買いが鈍るとの見方が広がり、大幅安と なった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金 先物2月限は、前日比で3.1%安の1オンス=1378.80ドルで終了 した。

フリーポートも安い。この日の銅相場は大幅下落。製造業者は 需要に対応できるだけ十分な材料を確保しているとの観測が背景だっ た。

メトロPCS

メトロPCSコミュニケーションズは6.5%高。ドイツ銀行は、 携帯電話事業者のメトロPCSの株価予想を1株当たり15ドルから 20ドルに引き上げ、「短期買い銘柄」リストに加えた。

アルミ生産最大手のアルコアは上昇。米経済専門局CNBCの 番組「マッド・マネー」の司会者ジム・クレーマー氏は、アルコア株 が22ドルまで上昇する可能性があると指摘した。同氏は今年のアル ミ需要について、自動車や航空機への需要拡大のほか、住宅業界でも 必要とされていることから、「大幅に増加するだろう」と述べた。

さらにクレーマー氏は、アルコアが「主要な」買収先ターゲッ トでもあると指摘した。

FOMC議事録では、「経済の見通しは改善しているように見 受けられるものの、メンバーは概して、経済見通しの変化は資産購入 プログラムの調整を正当化するには十分ではないと考えた。また一部 メンバーは、調整を検討する前に、経済に関する情報を集めるため、 一層の時間が必要だと指摘した」と記された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE