欧州株:続伸、エクストラータに買い-英FT100種が6000を回復

欧州株式相場は続伸し、指標のス トックス欧州600指数の2日間の上げ幅は過去1カ月で最大となった。 ロンドン市場の鉱山株上昇が寄与した。

銅相場が過去最高を記録したことを背景に英産銅会社アントファ ガスタと、同業でスイスのエクストラータが買われ、資源銘柄で構成 する指数が上昇。英石油会社BPは5.9%上げた。メキシコ湾で発生 した原油流出事故で設立された200億ドル(約1兆6700億円)規模 の被害者補償基金を管理する弁護士、ケネス・ファインバーグ氏が、 同基金の半分で補償を賄えると発言したことが手掛かり。

仏小売りのカルフールは1.3%上昇。バンク・オブ・アメリカ (BOA)メリルリンチ・グローバル・リサーチが同銘柄の投資判断 を引き上げたことが買いにつながった。

ストックス欧州600指数は前日比0.9%高の280.38で終了。前 日は先月21日以降で最大の上げだった。英国株の指標であるFT100 種指数は前営業日比1.9%高の6013.87となった。前日の英国市場 は祝日のため休場だった。

SGハンブロス・バンク(ロンドン)のアンドルー・ポッパー最 高投資責任者(CIO)はブルームバーグテレビジョンとのインタビ ューで、「引き続き楽観的だ。高リスク資産への傾斜は続くだろう。 株式相場のほか、とりわけ商品などの資産相場が前向きな見通しを表 していると注視している」と語った。

4日の西欧市場では、18市場中11市場で主要株価指数が上昇し た。

アントファガスタは0.6%、エクストラータは0.3%それぞれ上 げた。ストックス欧州600指数の資源指数は一時2.7%高と、2008 年7月以来の高値を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE