香港株(終了):5日続伸、昨年11月来の最長上昇-景気回復を楽観視

香港株式市場では、ハンセン指数が 5営業日続伸。約2カ月ぶりの長期の上昇局面となった。米製造業活 動の拡大ペース加速が示され、世界的な景気回復への楽観的な見方が 広がった。

米ウォルマート・ストアーズなどへの納品業者として最大手、リ ー・アンド・フォン(利豊、494 HK)は4.9%高。携帯電話の受託生 産最大手、富士康国際(フォックスコン、2038 HK)は3.3%高。米供 給管理協会(ISM)が発表した昨年12月の製造業景況指数は57と、 7カ月ぶりの高水準となった。

中国建設省傘下の不動産開発会社、中国海外発展(688 HK)は3.7% 上昇。中国政府が不動産に対する課税導入を遅らせる可能性があると 一部報道が伝えた。

石炭生産で中国2位の中国中煤能源(1898 HK)は3.4%高。オー ストラリアでの供給混乱で石炭が値上がりするとの観測から、石炭生 産株に買いが入った。3位のエン州煤業(1171 HK)も3.1%高だった。

ハンセン指数は前日比232.43ポイント(1%)高の23668.48と、 終値としては昨年11月16日以来の高値となった。この日まで5営業 日の上昇率は計4.6%。5営業日続伸は昨年11月8日までの6営業日 連続以来の長期の値上がり。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日 比1%高の13016.37。

信達国際の調査ディレクター、キャスター・パン氏(香港在勤) は、「投資家が米景気回復を当て込んでいることから、今年前半の相場 は期待できそうだ」と指摘。「1月いっぱいは上昇傾向が続く可能性も ある。しかしハンセン指数は今年28000あたりで頭打ちとなる公算が 大きい。景気がそれほど拡大しなければ、年央すぎには不透明感が増 すかもしれない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE