たばこ税収が過去最低に、増税前の駆け込み需要の反動で-11月

財務省が4日発表した2010年度一 般会計の昨年11月の税収実績(同月末現在)によると、たばこ税収が、 10月1日からの増税による反動減で前年同月比65.3%減の237億円と 1985年の同税創設以来、過去最低を記録した。

今回の対象となったのは10月の蔵出し時に課税された税収。日本 たばこ協会によると10月の販売実績は同70%減の61億本に大幅減少 していた。前月の税収は税率引き上げ前の駆け込み需要によって同

101.3%増の1488億円と過去最高額となっていた。

11月の税収全体では、企業収益の改善に伴う法人税収の回復から 同5.3%増の5兆5841億円と堅調だった。累計では同14.8%増の20 兆6802億円。10年度補正後予算額(39兆6430億円)に対する進ちょ く割合は52.2%で、過去5年間の同時期の平均(48.9%)を上回って いる。法人税収は同12.4%増の2兆4891億円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE