【個別銘柄】資源、輸出、石炭、日産、ウシオ電、任天堂、アルバック

きょうの日本株市場で株価変動材料 の出た銘柄の終値は以下の通り。

資源関連株:三菱商事(8058)が昨年末比4.2%高の2290円、国 際石油開発帝石(1605)が4%高の49万4500円など。3日のニューヨ ーク原油先物は前営業日比0.2%高の1バレル=91.55ドルと、終値と しては2008年10月3日以来の高値を記録。銅と金先物相場もそろって 最高値を更新した。米供給管理協会(ISM)の統計で、12月の製造 業活動が過去7カ月間で最速のペースで拡大したことが示され、需要増 加期待が高まった。鉱業と卸売指数は東証33業種で上昇率2、3位。

輸出関連株:日立製作所(6501)が1.2%高の438円、コマツ (6301)が2.6%高の2520円など。日本の連休期間中に米国で発表さ れたシカゴ地区の製造業景況指数やISM製造業製造業景況指数を受け て、米鉱工業生産や雇用が一段と改善しそうとの安心感が高まり、海外 依存度の高い業種への業績期待につながった。一時442円と52週高値 を更新した日立については、野村証券が11年に大活躍が予想される日 本株10銘柄の1つに挙げている。

銀行株:三井住友フィナンシャルグループ(8316)が1.3%高の 2930円、みずほフィナンシャルグループ(8411)が2%高の156円な ど、銀行指数を構成する83銘柄中80銘柄が上昇。ゴールドマン・サッ クス証券は3日付リポートで、増資懸念の小ささやバランスシートリス クの低下などを理由に、今の環境は銀行株のPBR(株価純資産倍率) が1倍に近付くという同証券見解をサポートするものだと指摘した。

石炭株:住石ホールディングス(1514)が13%高の90円、三井松 島産業(1518)が8.1%高の186円、太平洋興発(8835)が7.4%高の 73円などそろって急伸した。石炭の産地であるオーストラリア北東部 クイーンズランド州では、洪水の影響で石炭運搬が停止しており、石炭 需給ひっ迫による市況上昇の可能性が材料視された。

日産自動車(7201):4.3%高の806円。同社のカルロス・ゴーン 社長は報道各社とのインタビューで、1ドル=80円台でも競争力を発 揮できるよう、国内事業のコスト構造を見直す考えを示した。1日付の 日本経済新聞朝刊などが伝えたもので、国内生産については年100万台 を維持することを強調したという。

ウシオ電機(6925):6.2%高の1644円。三菱UFJモルガン・ス タンレー証券は12月30日付で、半導体などのデバイスやデジタルシネ マプロジェクターの拡大を考慮し、11年3月期以降の業績予想を上方 修正。投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に引き上 げた。新たな目標株価は2220円。

任天堂(7974):2%安の2万3350円。千葉で今月開催する携帯 型ゲーム新作「3DS」体験会で、同社は6歳以下の子どもによる立体 (3D)映像使用を控えるよう保護者に求めている。同社が昨年30日 までに体験会案内のサイトに告知を掲載した。「左右の目に異なる映像 を届ける3D映像」を小さな子どもが見続けると、目の成長に影響を与 える可能性があるためという。海外にも昨年末に通信社経由で同方針が 伝わり、3DSに対する過度な期待が後退した。

アルバック(6728):6.3%高の2255円。官民10団体が7月に、 電気自動車向け急速充電器で動力を得る電動漁船の航行実験を長崎県で 始める、と4日付の日本経済新聞朝刊が伝えた。五島市の漁港に同社が 開発中の急速充電器用の設備を設置するとしている。

IHI(7013):3.3%高の187円。16年に就航する欧州航空機大 手エアバスの主力中型旅客機に搭載する次世代エンジンの開発に参加す る、と12月31日付の読売新聞朝刊が報じた。

双日(2768):3.9%高の185円。同社と石油天然ガス・金属鉱物 資源機構(JOGMEC)がレアアース(希土類)の開発会社、豪ライ ナスに出資する方向で最終調整に入った。1日付の日本経済新聞朝刊が 伝えた。双日は3月末までに、JOGMECとの特別目的会社を介して 数%を出資する案を軸に交渉しているという。

堀場製作所(6856):0.8%安の2284円。電気機器指数の下落寄与 度首位。ゴールドマン・サックス証券では直近の株価上昇や半導体製造 装置受注のピークアウトを考慮し、投資判断を「買い」から「中立」へ 引き下げた。

タカギセイコー(4242):6.3%高の425円。東レ(3402)や同社 などの研究チームが、複雑な形に成型できる炭素繊維材料を開発したと 4日付の日本経済新聞朝刊が報道。同様の材料を東大などと共同開発し たと同じく同紙が伝えた三菱レイヨンを傘下に持つ三菱ケミカルホール ディングス(4188)も2.5%高の565円。

アイケイコーポレーション(3377):4.6%安の2万2550円。同社 が展開するバイク買い取り専門店「バイク王」で、他の業者とバイクの 買い取り価格を競っているように装うインターネットの比較サイトがあ ったと3日付の朝日新聞朝刊が報じた。サイト上の他業者はすべて、バ イク王の経営会社アイケイコーポだったという。アイケイコーポは報道 に対して3日、再発防止に万全を期していくとのコメントを発表。

ファーストリテイリング(9983):2.2%高の1万3220円。20年 8月期の欧米での売上高目標を従来の2倍に上方修正した、と4日付の 日本経済新聞朝刊が報道。これまでは欧州と米国の合計で1兆円として きたが、それぞれで1兆円の売り上げを目指すとしている。

エイチ・アイ・エス(9603):1.5%高の2052円。4日午後、11 年10月期の連結純利益予想を70億円に増額修正した。従来予想は52 億円。スカイマーク株の売却益が31億円発生したためとしている。

スズキ(7269):1.4%高の2027円。主力の軽自動車用エンジンを 約16年ぶりに刷新する。現行より燃料消費効率を約2割高めたエンジ ンを開発、今月発表する新型「MRワゴン」から順次全車種に搭載する と、3日付の日本経済新聞朝刊が報じた。

-- Editor:Shintaro Inkyo、Makiko Asai

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 長谷川敏郎 Toshiro Hasegawa +81-3-3201-8361 thasegawa6@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Nick Gentle +852-2977-6545 ngentle2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE