ドイツ、赤字削減でEU諸国への一段の圧力必要-与党会派院内総務

ドイツはユーロを守るため、欧州連 合(EU)諸国に対して財政赤字削減圧力を強めなければならないと の見解をドイツの与党キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU) 会派院内総務、フォルカー・カウダー氏が示した。

カウダー氏は独議会のウェブサイトに3日掲載されたインタビュ ーで、「欧州のすべての政府がユーロ安定維持への取り組みを練り直す 必要がある」と指摘。「堅実な財政・経済政策だけが成功につながると いうことが、すべての国に明確になったはずだ。われわれはそれに向 けた圧力を強めなければならない」と訴えた。

同氏はまた、2011年も金融市場の状況が、ドイツ政府が直面する 「支配的なテーマ」の一つになると説明。その上で、ただ単に一国の 債務を他国に押し付けることはできないと指摘した。

カウダー氏は「はっきりしているのは、ユーロがわれわれの通貨 だということだ。われわれはユーロを支持している」と言明。「ユーロ を守ると同時に、より強い通貨になるよう取り計らう必要がある。後 者の鍵を最も強く握っているのは、個々のユーロ参加国だ」と語った。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Crawford at +49-30-70010-6237 or acrawford6@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE