【米個別株】アルコア、BOA、ゴールドマン、タイソン

3日の取引で値動きの目立っ た主な銘柄は以下の通り。株価は終値ベース。

アルコア(AA US):2.7%高の15.80ドル。ドイツ銀行は米 アルミ生産最大手のアルコアの投資判断を「ホールド」から「買い」 に引き上げた。アルミ価格上昇見通しのほか、アルコアに「経営上の安 定の兆し」が見えることが理由。

バンク・オブ・アメリカ(BAC US):6.4%高の14.19ドル。 資産規模で米銀最大手のバンク・オブ・アメリカ(BOA)は、フレ ディマック(連邦住宅貸付抵当公社)とファニーメイ(連邦住宅抵当 金庫)に対する住宅ローン買い戻し義務の発生に絡み、26億ドル超 の支払いで合意した。

ゴールドマン・サックス・グループ(GS US):2.9%高の

173.05ドル。投資週刊紙バロンズは投資銀行大手のゴールドマン・ サックス・グループ株について、上昇する下地が整っているとの見解 を示した。株式トレーディングや引き受け業務、資産運用の収入が増 加すれば、弱い債券セールスを補うことができると指摘した。さらに、 JPモルガン・チェースのアナリスト、キアン・アボホセイン氏の調 査を引用しながら、ゴールドマンは2012年までに余剰資本が150 億ドルを超える可能性があると報じた。

オフィス・デポ(ODP US):8%高の5.83ドル。ジャニー・ モンゴメリー・スコットは、米事務用品小売り2位オフィス・デポの 投資判断を「中立」から「買い」に引き上げた。同業のステープルも 同様に引き上げられた。

タイソン・フーズ(TSN US):4.7%安の16.42ドル。BMO キャピタル・マーケッツは、食肉加工で米最大手のタイソン・フーズ の投資判断を「アウトパフォーム」から「マーケットパフォーム」に 引き下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE