米小売株が3年ぶり高値-アナリストらの推奨でターゲットなど上昇

【記者:Jeff Kearns】

1月3日(ブルームバーグ):3日の米株式市場で、小売株が3年 ぶりの高値に上昇した。経済成長との関連が強い小売企業の株価が上 昇すると、アナリストらが指摘したことが手掛かり。

ディスカウントストアのターゲット、百貨店チェーンのメーシー ズ、JCペニー、ディスカウントストア・チェーンのファミリー・ダ ラー・ストアーズの株価が上昇した。シティグループが、景気が引き 続き改善していることを背景にこれら銘柄を推奨したことが好感され た。事務用品小売りのステープルズは、金融サービス会社ジャニー・ モンゴメリー・スコットが買いを推奨したことが材料視され、昨年5 月以来の高値を付けた。

ジャニーのアナリスト、デービッド・ストラッサー氏(ニューヨ ーク在勤)は3日付のリポートで、「非農業部門の就業者数がここ数 カ月拡大しており、雇用見通しに明るい兆しが出ているほか、企業景 況感も改善している」と指摘した。

S&P500種株価指数の小売株はリーマン・ブラザーズ・ホール ディングスが破綻した2008年9月以降で27%上昇し、業界別で自 動車・自動車部品に次ぐ2番目に高い上げを記録。全ての支払い方法 による小売売上高を調査している米マスターカード・アドバイザーズ の調査会社スペンディングパルスによれば、10年の年末商戦で小売 業界の売り上げは衣料品や宝飾品の販売好調に伴い5年ぶりの高い伸 びとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE