NY外為:ドル上昇、米製造業統計に反応-81円台後半

ニューヨーク外国為替市場ではド ルが円に対し、11営業日ぶりに上昇した。米供給管理協会(ISM) が発表した12月の製造業景況指数の上昇が手掛かり。

原油や株式相場の値上がりを追い風に、カナダ・ドルは米ドルに 対して2008年5月以来の高値水準に上昇。エストニアは1日に17カ 国目のユーロ圏加盟国となった。ブラジル中央銀行が今月の会合で利 上げに踏み切るとの見方から、ブラジル・レアルは約2年ぶりの高値 を付けた。ドルはこれまで、04年以来最長の対円連続安となっていた。 景気回復の兆しが手掛かり。

マニュファクチャラーズ&トレーダーズ・トラスト(ニューヨー ク州バッファロー)の主任通貨トレーダー、ブライアン・テーラー氏 は、「こうした経済指標の発表を受けて、市場参加者はよりリスクの 高い資産に資金を投じ始めることに一段の安心感を覚えるだろう」と 指摘。「資金は資源国通貨に流れており、原油や株式が値上がりする なか、カナダ・ドルが上昇している」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時3分現在、ドルは円に対して前営業日 比0.8%高の1ドル=81円74銭(前営業日は81円12銭)。昨年 12月20日から年末まで続いたドルの円に対する連続安は過去6年間 で最長だった。ドルはユーロに対して0.2%高の1ユーロ=1.3353 ドル(同1.3384ドル)。ユーロは円に対して0.6%高の109円14 銭(同108円47銭)。

最近の円上昇は持続不可能との懸念もドルの支えになった。ドル の円に対する相対力指数(RSI、期間14日)は先週末に30を下回 り、ドルが値を戻す可能性を示唆した。

カナダ・ドル

カナダ・ドルは米ドルに対して9営業日続伸。この日は0.4%高 の1米ドル=99.37カナダ・セント。一時は98.89カナダ・セント と、08年5月以来の高値を付けた。カナダと英国、オーストラリア、 ニュージーランド、日本の金融市場はこの日、休場だった。

シティグループのG10通貨戦略責任者、スティーブン・イングラ ンダー氏(ニューヨーク在勤)は、「昨年から継続するトレンドはリ スク選好の流れだ。今年は資源国通貨が好まれるだろう」と指摘。 「当社は長期にわたりカナダ・ドルに強気だ」と述べた。

ブラジル・レアルはほとんどの主要通貨に対して上昇。トンビニ 総裁率いるブラジル中央銀行が今月、利上げに踏み切るとの見方が背 景にある。トンビニ氏はこの日、ブラジル中銀の総裁に就任した。ブ ルームバーグのデータによると、ブラジルの銀行間金利先物の動向で は、今月18-19日の会合で同国の政策金利が現行の10.75%から

0.5ポイント引き上げられることが示唆されている。

ブラジル・レアルはドルに対して一時1%高の1ドル=1.6435 レアルと、08年9月以来の高値を付けた。レアルは円に対して一時

1.5%高。

ドル指数

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)の ドル指数は、前営業日比0.2%高の79.196。前営業日は78.775と、 昨年11月23日以来の安値となっていた。

米供給管理協会(ISM)がこの日発表した12月の製造業景況指 数は57と、前月の56.6から上昇した。ブルームバーグ・ニュースが まとめたエコノミスト予想中央値も57だった。同指数では50が製造 業活動の拡大と縮小の境目を示す。

ユーロはドルに対して昨年は6.5%下落した。欧州のソブリン債 危機をきっかけに、通貨同盟が崩壊するとの懸念が強まった。

ゲイン・キャピタル・グループのシニア為替ストラテジスト、エ リック・ビロリア氏は、「ユーロを保有し続けることは確実にリスク を伴う。債務懸念が続いているため、私はユーロの売りを望む」と述 べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE