欧州債:独2、5年債が上昇-域内の資金調達懸念で安全需要

欧州債市場では、ドイツ2年債が上 昇。域内の債務危機が深刻化する中で一部の国の資金調達が困難にな るとの懸念が広がり、安全資産としての需要が高まった。

独5年債も上昇。世界の景気回復が持続するとの楽観的な見方か ら株価が上げ、銅も過去最高値を付けたものの、独国債は買い進まれ た。ブルームバーグのまとめたデータによると、ポルトガルは1-3 月(第1四半期)に、110億ユーロの債務返済が控えている。またス ペインは今年、約450億ユーロ相当の国債が償還を迎え、最初の支払 いとなる155億ユーロは4月が期限となっている。

ウニクレディトの債券ストラテジスト、コーネリアス・パープ ス氏は「非常に期間の短いドイツ債に強い需要が見られるようだ」と 分析。「薄商いの状態で深読みし過ぎたくはないが、全般的に投資家は ユーロ圏での動きに対して慎重な姿勢を続けていると言っても良いか もしれない」と述べた。

ロンドン時間午後3時51分現在、独2年債利回りは前営業日比4 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.82%。同年債 (表面利率1%、2012年12月償還)価格は0.08ポイント上げて

100.34。独5年債利回りは1bp下げて1.83%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE