米クアルコム:台湾に今年約810億円を投資へ-ディスプレー新工場

携帯電話向け半導体最大手の米ク アルコムが、台湾のコンピューターディスプレー新工場に約10億ド ル(約810億円)を投資する。台湾経済部(経産省に相当)が3日、 発表した。

ウェブサイトに掲載された声明によれば、クアルコムは同社の 「ミラソル」技術を使ったディスプレーを生産する工場に同投資額を 2011年に投じることで合意した。クアルコムの広報担当(香港在勤)、 エイドリアン・フー氏の事務所に電話取材を試みたが、コメントは得 られていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE