独VW:CEOの任期、5年延長-トヨタ追い抜く取り組み続ける

欧州最大の自動車メーカー、ドイツ のフォルクスワーゲン(VW)は、マーティン・ウィンターコーン最 高経営責任者(CEO)の契約を5年間延長した。独スポーツカーメ ーカー、ポルシェとの統合完了や、トヨタ自動車を抜いて世界最大の 自動車メーカーになるために取り組みを続ける。

VWの2日の発表によれば、同社監査役会はウィンターコーンC EO(63)の任期を2016年までとすることを支持した。同CEOは 07年1月1日に就任。11年末に契約が切れる予定だった。

ウィンターコーンCEOは就任後、スウェーデンのトラックメー カー、スカニアの経営権を取得。現在はポルシェとの統合を進めてい る。18年までに売上高と収益性でトヨタを抜くため、中国での生産能 力を倍増し、年内に米国に工場を開設する計画だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE