韓国総合株価指数、終値ベースの最高値-輸出増を好感(Update1)

3日の韓国株は上昇。韓国総合株価 指数が終値ベースの過去最高値を更新した。韓国の輸出が1年2カ月 連続で増加したことを好感した。

韓国総合株価指数は前営業日比19.08ポイント(0.9%)高の

2070.08で終了。2007年10月31日に記録したこれまでの最高値を突 破した。取引時間中の最高値は07年11月1日に付けた2085.45。

同指数を構成する769銘柄は予想PER(株価収益率)が平均12 倍で取引されており、これはアジアではパキスタンとベトナムに次ぐ 低水準。韓国経済が成長を続け、通貨ウォンが上昇するとの観測から、 海外投資家が韓国株買いを進めた。

未来アセット・グローバル・インベストメンツのク・ジェサン最 高経営責任者(CEO、ソウル在勤)は、「最高値更新は韓国企業に対 する再評価を示している。安定した企業利益と世界での競争力の高ま りを考慮すれば、評価は上がるはずだ」と述べた。

半導体などでアジア最大手のサムスン電子(005930 KS)は1%高。 昨年12月の韓国輸出が前年同月比23.1%増と、11月の21.5%増(改 定値)に続き、大きく伸びたことが材料となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE