中国:インフレ鈍化の公算大-引き締め策で製造業活動が減速

中国のインフレは鈍化しそうだ。引 き締め的な金融政策やエネルギー非効率工場の閉鎖を受け、昨年12 月の国内製造業活動の伸びが鈍化したことが背景。

中国物流購買連合会が1日発表した12月の製造業購買担当者指 数(PMI、季節調整済み)は53.9と、前月の55.2から低下。製造 業の伸び鈍化は5カ月ぶりで、ブルームバーグ・ニュースがアナリス ト13人を対象にまとめた予想中央値(55)も下回った。製造業の仕入 れコストの上昇ペースが鈍ったことが示された。

温家宝首相は、インフレ加速につながりかねない銀行融資拡大と 資本流入の抑制を図っている。中国人民銀行(中央銀行)が先月25 日に利上げを発表したほか、通貨管理当局は特定輸出企業に外貨建て 収入を海外口座にとどめておくことを認めるプログラムを1月1日付 けで全国規模に拡大した。

みずほ証券アジアの沈建光エコノミスト(香港在勤)は、「政策当 局が回避したいリスクは景気過熱であり、減速しつつも強固な製造業 の拡大ペースは歓迎すべきものだ」と述べた。欧州中央銀行(ECB) や国際通貨基金(IMF)に勤務した経歴もある同エコノミストは、 「追加利上げが早ければ月内にもある公算が大きい」と述べた。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチと中国国際金融 (CICC)の予想によれば、12月の中国インフレ率は、2年4カ月 ぶりの高水準だった11月の5.1%から低下したもよう。CICCは12 月の消費者物価指数を前年同月比4.5%上昇、メリルは4.8%上昇と見 込んでいる。

シティグループのエコノミスト、ケン・ペン氏も、製造業活動の 拡大ペースが落ちたことを歓迎するとした上で、インフレ圧力の軽減 の一因になるかもしれないと指摘。「急速な景気鈍化のリスクはあまり ないだろう」とも語った。

--Li Yanping, with assistance from Zheng Lifei and Jay Wang. Editors: Paul Panckhurst, Ian Rowley.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Li Yanping in Beijing at +86-10-6649-7568 or yli16@bloomberg.net 記事に関するエディタ-への問い合わせ先: Chris Anstey at +81-3-3201-7553 or canstey@bloomberg.net

%CNY

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE