NY外為(31日):ドルが対ユーロ下落、通年べースは上昇

ニューヨーク外国為替市場で は、ドルが対ユーロで下落。来年は世界的な景気回復が活発化すると の観測から、ドル売りが先行した。

ドルは主要16通貨のうち14通貨に対して下落。一時はユーロ に対して2週ぶり安値に売り込まれる場面もあった。ドイツのメルケ ル首相が、ドイツ経済の「根幹」としてユーロを防御すると述べたの が手がかりだった。英ポンドは対ドルで上昇。英国の住宅価格が7カ 月ぶりに上昇したのが好感された。

インタラクティブ・ブローカーズ・グループのシニア市場アナ リスト、アンドルー・ウィルキンソン氏は、「市場参加者は、楽観的 な地合いを見込んでおり、これまでにないほどリスクを取ったポジシ ョンに手を伸ばしつつある」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロで0.7% 安の1ユーロ=1.3384ドル。一時は今月14日以来安値の1.3425 ドルをつけた。ドルは年初来、ユーロに対して6.5%上昇。通年ベー スでは2005年以来で最大だった。

円は対ドルで0.5%高の1ドル=81円12銭。円は対ユーロで

0.1%安の1ユーロ=108円47銭。

ユンケル議長

ルクセンブルクのユンケル首相兼国庫相は、ユーロは「世界で 最も堅実な通貨」だとの認識を示し、ユーロの将来にまつわる懸念を 否定した。同国紙、ルクセンブルガー・ウォルトが同首相とのインタ ビューを基に報じた。

ユンケル首相は31日付同紙に掲載されたインタビューで「ユー ロの危機ではなく、ユーロ加盟国の債務危機に直面している」と指摘 し、「ユーロの存在とその本質は危機にさらされていない」と続けた。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想によると、ユーロ は2011年末までに1ユーロ=1.31ドルに下げる。

オーストラリア・ドル

オーストラリア・ドルは通年ベースで米ドルに対して14%上昇 した。

オンラインでの為替取引を扱うGFTフォレックスの為替調査 担当ディレクター、キャシー・リーン氏(ニューヨーク在勤)は、 「この1年、オーストラリアは、中国からの需要や商品相場の上昇、 根強いインフレ圧力、堅調な労働市場さらに中銀による追加利上げの 可能性など、豪ドルにとっての強材料が続いた」と述べた。

ポンドはドルに対して1.2%高。英国の12月の住宅価格は予 想外に上昇した。前月比では5月以来の上昇。英住宅金融大手ネーシ ョンワイド・ビルディング・ソサエティーが明らかにした。ネーショ ンワイドが31日、電子メールで配布した資料によると、12月の住 宅平均価格は前月比0.4%上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE