英国債(31日):上昇、10年債3.42%-年間リターン米独を上回る

英国債相場は上昇し、年間ベ ースでは過去4年で3年目のプラスとなった。キャメロン首相の歳出削 減への取り組みに加え、ソブリン債危機でユーロ圏の市場が混乱に陥っ たことを背景に、英国債の今年のパフォーマンスは米国債とドイツ国債 を上回った。

10年債利回りは8月に過去最低となる2.79%を付けたほか、2年 債利回りも10月に0.557%まで下げ、最低を記録した。

インフレ率は政府目標上限の3%を超えているものの、政府の緊縮 策が景気を鈍化させる恐れがあることから、イングランド銀行(英中央 銀行)は政策金利を過去最低の0.5%に1年を通じて据え置いた。

10年債利回りは前日比6ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)低下の3.42%。昨年末は4.02%。2年債利回りも6bp低 下し1.11%となった。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) がまとめた指数によると、英国債の年初来のリターン(投資収益率) はプラス6.9%。これに対し米国債は5.7%、ドイツ国債は6.3%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE