エストニア:11年からユーロ導入、旧ソ連圏から初-計17カ国に

エストニアは2011年1月1 日に、旧ソ連諸国として初めてユーロを導入する。ソブリン債危機が欧 州を揺るがした影響でユーロ圏拡大は一時的に制限される見通しだ。

ラトビアとロシアに挟まれ、バルト海に面したエストニアは1日午 前零時に同国通貨をユーロに切り替え、17カ国目のユーロ導入国とな る。同国の国内総生産(GDP)は140億ユーロ(約1兆5230億円) で、ユーロ圏ではマルタに次ぎ2番目に経済規模が小さい。

欧州諸国が財政危機に取り組む中、今後数年でユーロ圏に加盟する のはエストニアが最後となる公算が大きい。次の加盟候補国であるリト アニアとラトビアは2014年の加盟を目指しているほか、他の東欧諸国 は目標時期の設定を先送りした。

エストニア中央銀行のリプストク総裁は欧州中央銀行(ECB)政 策委員会メンバーとなり、1月13日にフランクフルトで開催される金 融政策決定会合から参加する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE