香港株(終了):続伸、中国や米国の経済指標を好感-10年は5.3%高

香港株式相場は続伸。中国に加えて、 米国の経済指標で世界の景気回復への楽観的な見方が広がった。ハンセ ン指数の年間ベースでの上昇は8年間で7度目。香港市場は年末で、半 日で取引を終了した。

香港で収入の約11%を稼ぐ華潤創業(チャイナ・リソーシズ・エン タープライズ、291 HK)は1.6%高。自動車販売の大昌行集団(1828 HK) は4.8%高。中国の港湾運営会社、中国招商局国際(144HK)は1.3%上 昇した。

中国最大の銅生産会社、江西銅業(358 HK)は1.8%高。中国アル ミ(チャルコ、2600 HK)は0.3%安。

サムスン・インベストメント・トラストのポーリーン・ダン最高投 資責任者(CIO)は「今年はわれわれが選択した消費セクターが良好 に推移し、わが社のビジネスはうまくいった」と説明。2011年について は「海外市場はまだ解決されていない問題に直面している。景気回復は すべてがばら色で前向きなことを意味するわけではない」と指摘した。

ハンセン指数は前日比36.11ポイント(0.2%)高の23035.45。今 年1年間の上昇率は5.3%上昇。09年は52%の大幅高だった。今週は

0.9%高、10-12月は3%高。ハンセン中国企業株(H株)指数は105.59 ポイント(0.8%)高の12692.43で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE