中国人民元:対ドルで上昇、6.6元突破-93年来高値、元高容認観測

中国人民元は31日、対ドルで 上昇し、過去17年で初めて1ドル=6.6元の水準を上回った。年間 ベースでは3.6%の上昇。中国人民銀行(中央銀行)がインフレ抑 制に向け元の一段高を容認するとの観測が広がった。

人民元は過去5営業日で0.57%上昇。週間ベースでも5週連続 高となり、中国が公式・市場レートを一本化した1993年末以来の高 値を付けた。アクション・エコノミクスのエコノミスト、デービッ ド・コーエン氏(シンガポール在勤)は、人民元が来年6%上昇す ると予想している。

コーエン氏は政策当局者が「インフレ緩和の手段としての元高 の有用性を認識している。人民元は他のアジア通貨と同様に極めて 堅固なファンダメンタルズを有しており、中国は非常に多くの経常 黒字を抱えている」と述べた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は 一時1ドル=6.5896元を付けた後、上海時間午後4時半(日本時間 同5時半)現在は前日比0.17%高の6.5897元。

1年物のノンデリバラブル・フォワード(NDF)は前日から ほぼ変わらずの同6.4608元。人民元が今後1年で2%上昇するとの 見通しを織り込んでいる水準。

人民銀はこの日、人民元の中心レートを同6.6227元と、9営業 日連続で前日を上回る水準に設定した。前日は6.6229元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE