欧州債(30日):ドイツ債、年間で上昇-ユーロ圏の債務危機を懸念

今年の欧州債市場では、ドイ ツ国債が上昇し、2008年以降で最高のパフォーマンスを演じた。ユ ーロ圏の高債務国を混乱させた債務危機で、域内で最も安全とされる ドイツ国債への需要が高まった。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) がまとめた26カ国の国債指数によると、最高格付けを付与されたオ ーストリアとドイツ、オランダ、フィンランド、フランスの国債が上 昇した一方、救済を受け入れたギリシャとアイルランドが最も大きく 落ち込んだ。

ドイツ国債は10-12月(第4四半期)に2008年4-6月 (第2四半期)以降で最大の下げとなった。世界的な景気回復の兆候 が強まりつつあるのに加え、他のユーロ加盟国を支援するコストが 2011年に膨らむ可能性があることが懸念された。

クレディ・アグリコルCIB(ロンドン)の資本市場戦略担当副 ディレクター、オーランド・グリーン氏は、「質への逃避があったほ か、欧州は勝ち組と負け組に分かれた」と述べ、「負け組は明らかに ギリシャやアイルランドで、両国は救済を余儀なくされた。こうした 連鎖反応が来年も継続するリスクがある」と続けた。

ロンドン時間午後4時56分現在、独10年債利回りは前日比6 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.95%。ブル ームバーグのデータによると、昨年12月30日は3.39%だった。 同国債利回りは昨年44bp上昇、08年は136bp低下した。同国 債(表面利率2.5%、2021年1月償還)価格は前日比0.53ポイ ント上げ95.13となった。

ブルームバーグとEFFASのデータによると、ドイツ国債の今 年のリターン(投資収益率)はほぼ6%のプラス。これに対し、ギリ シャ国債はマイナス20%、アイルランド国債はマイナス14%、ポル トガル国債はマイナス8%となっている。スペインとイタリアの両国 債もマイナス。高債務国の上乗せ利回りの上昇が背景にある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE