米中古住宅成約指数:11月は3.5%上昇、前年比では低下

11月の米中古住宅販売成約指 数は、予想を上回る伸びだった。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した11月の中古住宅販売 成約指数(季節調整後)は前月比3.5%上昇した。ブルームバーグが まとめたエコノミスト調査の予想中央値は0.8%上昇だった。前月は

10.1%上昇(速報値10.4%上昇)に修正された。

地域別で見ると、西部が18%と高い伸びを示し、北東部でも

1.8%上昇した。一方、中西部と南部はそれぞれ4.2%と1.8%低下 した。

中古住宅成約指数は前年同月比で2.4%低下した。BNPパリバ のエコノミスト、イレーナ・シュルヤティエバ氏(ニューヨーク在勤) は、統計内容は、「中古住宅販売でも見られる緩やかな回復と一致して いる」と述べ、「住宅需要は2011年も、まだら模様の回復が続くだろ う。過剰な住宅供給が引き続き住宅価格を押し下げるとみている」と 続けた。

クしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE