台湾中銀:外銀2行の外為取引を調査-外貨売りで市場が「混乱」

台湾の中央銀行が、外国銀行2 行による外国為替トレーディングを調査している。台湾ドルは半年間で 10%上昇した。

台湾中銀が29日発表した声明によれば、中銀当局者は両外銀の責 任者と面談した。外銀の具体名は示していない。特定の時間を狙って、 大量の外貨売りをした外銀があるという。こうした外貨売りが市場の 「パニックと混乱」につながったとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE