アジア通貨:上昇、2年連続の値上がりへ-成長期待で資金が流入

30日の外国為替市場でアジア通 貨は上昇し、このままいけば2年連続の値上がりとなる。高成長を続 けるアジアに資金が流入している。

日本を除くアジアの主要10通貨のうち、今年これまでのところ 対米ドルで上昇しているのは9通貨。上昇率トップはマレーシアのリ ンギットで11%となっている。円以外のアジア主要10通貨の対米ド ルでのパフォーマンスを示すブルームバーグ・JPモルガン・アジ ア・ドル指数は、今年これまでのところ4.6%上昇している。これは 2007年以降で最も高い伸びだ。

海外投資家は今年、インドとインドネシア、フィリピン、韓国、 台湾、タイの株式を買い越し、純資金流入は計630億ドル(約5兆 1300億円)となった。

OSK・DMGグループのエコノミスト、エンリコ・タンウィジ ャヤ氏(シンガポール在勤)は「株式相場が年末に向け値上がりして いることを受け、アジア通貨も上昇している。すべて、経済のファン ダメンタルズ(基礎的諸条件)が相対的に良好なためだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE