ロシア経済、11年末までに金融危機前の状態に戻る見込み-財務相

ロシア経済は恐らく2011年末 までに金融危機前の状態に戻る。同国のクドリン財務相が語ったもの で、当初予定より1年早まる見込みだという。

クドリン財務相は29日、モスクワで国営テレビ、ロシア24との インタビューに答え、主要国が採用した政策に伴い、世界的な危機の 悪化は回避できたと語った。

ロシアの国内総生産(GDP)は昨年、信用市場が収縮し同国の 主要輸出品である資源への需要が後退したことが響き、マイナス

7.9%成長に落ち込んだ。クドリン財務相は、ロシア経済は今後数年 間、年4%のプラス成長が見込まれると指摘。同国財務省は来年の原 油相場を1バレル=75ドルと予想しているが、経済発展省は77.50 ドルへと見通しを上方修正している。

またクドリン財務相は、来年は財政赤字の対GDP比が3%にま で縮小する可能性があると指摘。その後、予想レンジとして3-

3.6%を提示した。今年の同比率については4.1-4.2%が見込まれる と、この日先に語っていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE