世界の鉱業IPO:来年は過去最高か-中国とインドの原材料需要で

世界の鉱山業界と素材業界の新 規株式公開(IPO)の規模が来年、過去最高水準に達する可能性があ る。中国とインドが金属価格の上昇をけん引し投資を引き付けるとみら れている。これらの業界のIPOは今年、過去最大の増加を示した。

ブルームバーグが集計したデータによると、鉱業や化学、重工業の IPOは今年5倍以上に膨らみ303億ドル(約2兆5000億円)に達し た。これまでの最高は2007年の322億1000万ドル。全業種のIPO は2倍以上の2800億ドルに増加。鉱山・素材業界のIPOの規模で上 位20社のうち13社を鉱山会社が占めた。

中国とインドの原材料需要に対する楽観的な見方を背景に、今年の 素材業界の大規模IPO3社の株式の需要は供給を700億ドル以上上回 った。3社はマレーシアのペトロナス・ケミカル・グループ、資産家の オレグ・デリパスカ氏率いるロシアのUCルサール、コール・インディ ア。

会計事務所プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の世界 鉱業責任者、ティム・ゴールドスミス氏は、来年の鉱山業界のIPOの 規模は07年に匹敵する可能性があるとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE