【香港・注目株】サンフンカイなど不動産株、建設銀、UCルサール

香港株式市場の主な注目銘柄は 以下の通り。株価と株価指数は29日の終値。ハンセン指数は1.5% 高の22969.30。ハンセン中国企業株(H株)指数は1.6%高の

12508.52。

不動産開発株:香港の11月の新築住宅販売は2年3カ月ぶりの 低水準に落ち込んだ。香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポ スト(SCMP)が、不動産仲介業者、香港地産仲介の情報を引用し て報じた。

時価総額で香港最大の不動産開発会社、サンフンカイ・プロパテ ィーズ(新鴻基地産発展、16 HK)の株価は1.5%高の129.40香港 ドル。2位のチョンコン・ホールディングス(長江実業集団、1 HK) は2.8%高の121.60香港ドル。

中国建設銀行(939 HK):中国2位の銀行、中国建設銀行の香 港部門である中国建設銀行(亜州)は、香港での投資商品販売で総収 入を年率20%以上伸ばすことを狙う。建設銀(亜州)リテール(小 口金融)バンキング部門の責任者、黃濤氏は、投資信託など金融商品 の販売で、香港で上位5位以内に入りたいと述べた。現在は6位か7 位だという。建設銀の株価は2.4%高の6.84香港ドル。

UCルサール(486 HK):ロシアのアルミニウムメーカー、U Cルサールは、保有するノリリスク・ニッケル株について、「戦略的 な」投資だとして、手放す意思がないことをあらためて表明した。株 価は0.2%安の12.06香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE