【TOPIX年間騰落率】上昇1位はフージャー、新興国関連も上位

東証株価指数(TOPIX)構成 銘柄の2010年の騰落率ランキングでは、上昇率1位がマンションの企 画販売を行うフージャースコーポレーションとなった。

上昇率上位には富士機工、大同メタル工業、日本ピストンリング、 TBKなどの自動車部品メーカーが並び、ツガミや旭ダイヤモンド工 業など工作機械関連も顔を出し、製造業の生産回復を印象付けた。

SMBCフレンド証券の中西文行シニアアナリストは、「新興国人 気を反映した顔ぶれだ。部品メーカーなどファンダメンタルズの良い 小型株の動きが良く、セットメーカー株のパフォーマンスを上回った」 と話し、11年はさらに新興国関連銘柄の存在感が強まるとみている。

一方、下落率上位には、NISグループや池田泉州ホールディン グスなどの金融機関が登場。レオパレス21やランドといった財務体 質が懸念される不動産関連銘柄も多い。下落率トップは、約束手形の 不渡りなどで、来年1月29日に上場廃止となるシルバー精工。

TOPIXの30日終値は898.80ポイントで、年間騰落率はマイ ナス1%。同指数を構成する1663銘柄のうち、49%に相当する819 銘柄が値上がりし、下落は823銘柄、変わらずと比較できずが21銘柄。 期中に新規上場して比較が不可の8銘柄のうち、30日終値が初値を上 回ったのは、JXホールディングスとミライト・ホールディングスの 2銘柄。

<TOPIX構成銘柄の上昇率ランキング>
順位 銘柄名(コード)  株価/変化率   時価総額
1フージャー(8907)  39600円/342%    129億円
2フルキャス(4848)  20050円/259%     79億円
3富士機工(7260)      276円/200%    147億円
4大同メタル(7245)    626円/181%   281億円
5サンリオ(8136)     1903円/169%   1694億円
6日ピストン(6461)    234円/166%    196億円
7ツガミ(6101)        576円/164%    392億円
8TBK(7277)        411円/149%    121億円
9山一電機(6941)      407円/135%     95億円
10旭ダイヤ(6140)    1543円/132%    914億円

<TOPIX構成銘柄の下落率ランキング>
順位  銘柄名(コード) 株価/変化率   時価総額
1シルバー精(6453)     1円/-83%     5億円
2NIS(8571)        10円/-67%     48億円
3C&I(9609)         5円/-67%     16億円
4池田泉州H(8714)    116円/-66%   1383億円
5山水電(6793)        2円/-60%     27億円
6レオパレス(8848)   157円/-59%    275億円
7洋シヤタ(5936)      266円/-55%     14億円
8海洋掘削(1606)     2788円/-55%    502億円
9日写印(7915)       2155円/-53%    970億円
10ランド(8918)      21円/-50%     36億円

注1:騰落率はブルームバーグ・データで09年12月30日の終値と10 年12月30日の終値を比較、変化率の高い順にランキングした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE