ベトナム:10-12月期GDPは前年比7.34%増-中銀に引き締め迫る

ベトナムの10-12月(第4四半 期)の国内総生産(GDP)は前年同期比で7.34%増加した。景気 過熱の回避に向け、与信拡大に歯止めをかける引き締めの必要性が高 まった。

ベトナム統計局が29日発表した第4四半期のGDPは、前四半 期の7.18%増から伸びが加速した。2010年全体では前年比6.78% 増と、09年の5.32%増を上回る成長率となった。

10年は27.7%の与信の伸びがインフレ率を2年ぶり高水準付近 に押し上げ、信用バブルへの懸念が浮上している。貸し倒れの波への 警戒を背景に、格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービス とスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は12月に同国の格付 けを引き下げた。

アジアノミクスのエコノミスト、ジム・ウォーカー氏(香港在勤) は統計発表前に、「与信拡大ペースを20%程度まで引き下げる必要が ある」とし、「さらに3-5ポイントの利上げが必要だ」と指摘して いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE