独SAPにオラクルへの利子支払い命じる、知財権訴訟-米連邦地裁

ビジネス管理ソフト最大手の独S APは先月、知的財産権侵害で米オラクルに13億ドル(約1070億円) を支払うよう求める評決を受けたが、これに関連する利息についても 米連邦地裁判事から支払いを命じられた。

SAPの発表によれば、米カリフォルニア州オークランド連邦地 裁のフィリス・ハミルトン判事が28日に命じた計算方法に基づく利子 は、約1650万ドルとなる。同判事は具体的な額の支払いは命じず、米 財務省が決定する週平均金利に基づく判決前利子の計算方法の概略を 示した。

SAPの広報担当者は電子メールで、「当社としてはオラクルへの 損害賠償の支払いだけが認定されるべきだと考えているが、大幅に低 めの支払額を導き出す適切な利息計算の方法に地裁が同意したことを 評価する」とのコメントを発表した。

オラクルの広報担当デボラ・ヘリンジャー氏のコメントを求めて 営業時間外に取材を試みたが、これまでのところ返答がない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE