フェラーリ人気が示すポーランドの実力-富生まれEU内格差が縮小

イタリアの高級スポーツカーメ ーカー、フェラーリが今年10月に開設したポーランドで初のショー ルーム。この場所は共産党が以前使っていた建物だ。

フェラーリ・ワルシャワのゼネラルマネジャー、ダンテ・チン クエ氏は、「海外で考えられているよりポーランドは全ての面でずっ と好調だ」と話す。ショールームのオープン前に既に何人もの見込 み客を抱えていた同氏は、「ポーランドで富が生まれつつあるという 気がする」と言う。

世界銀行がまとめた為替レート調整後の統計によれば、ポーラ ンド経済は2009年、オランダを抜き、欧州連合(EU)加盟27カ 国の中6番目の規模となった。人口3820万人のポーランドは昨年、 プラス1.8%成長と、EUで唯一マイナス成長を免れた。大半の国 が第2次大戦後最悪のリセッション(景気後退)からの回復に向け 苦しむ中、世銀はポーランドの経済成長率が今年、プラス3.5%に 達すると予想する。

ワルシャワ証券取引所のWIG20種株価指数は今年に入りド ル建てベースで11月末までで9%余り上昇。欧州株の指標であるス トックス欧州600指数の3%高を大きく上回っている。

国内外の企業がワルシャワ証取への上場を進め、ポーランド政 府が10、11両年に計400億ズロチ(約1兆800億円)相当の国有資 産売却を計画していることもあり、クレディ・スイス・グループや ゴールドマン・サックス・グループ、モルガン・スタンレーはワルシ ャワでのビジネスを拡大している。

「成長のとりで」

ポーランドの4300億ドル(約35兆円)規模の経済は、自動車 部品やドイツが最終的に輸出する機械といった製品を手掛ける製造 業がけん引している。09年初めから導入された減税措置により個人 所得税の最高税率は従来の40%から32%に引き下げられた。ズロチ が対ユーロで08年初め以降9.7%下落したことも市場競争力を強め た。

EUはポーランドに13年末まで670億ユーロ(約7兆2400億 円)の支援が割り当ている。EUで最大の支援を受けているポーラ ンドだが、トゥスク首相は就任3年目を迎えた11月16日の記者会 見で、「われわれは成長のとりでを築き上げた」と表明した。

ポーランド10年物国債のドイツ国債に対する利回り上乗せ幅 は12月16日に290ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と 7カ月ぶり低水準に縮小した。クレジット・デフォルト・スワップ (CDS)市場でのポーランドの5年物国債CDSスプレッド、つ まりデフォルト(債務不履行)に対する国債保証コストは27日現在 で146.500bpと、ユーロ圏のポルトガル(496.305bp)より小さ い。これはポルトガルよりもポーランドの方がデフォルトリスクが 小さいと投資家が判断していることを示している。

チンクエ氏によれば、ガレージにフェラーリ10台を置いている 顧客も何人かいる。顧客の大半が企業のオーナーや銀行や不動産な どの業界関係者だという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE