英失業率は来年9%に達する可能性も、財政緊縮の実施で-FT紙

英国では来年、財政緊縮策の実 施に伴い、失業者が約270万人に増え、失業率は9%に達する可能 性がある。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が英国人事協会 (CIPD)と英求人雇用連盟(REC)の予測を引用して伝えた。

FTによると、現在7.9%の同国失業率について、CIPDは 9%、RECは8.4%にそれぞれ上昇する可能性を指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE