香港株(終了):反発-原油高で石油株が上昇、銀行株も買われる

香港株式相場は上昇。ハンセン指 数が前日に付けた3カ月ぶり安値から反発した。原油高を受けて石油 株が買われた。増益見通しで銀行株も値上がりした。

中国海洋石油(CNOOC、883 HK)は2.6%高。ペトロチャイ ナ(中国石油、857 HK)は2.3%高。時価総額で中国2位の銀行、中 国建設銀行(939 HK)は2.4%の値上がり、同5位の交通銀行(3328 HK)は1.7%高だった。

総資産で中国最大の建設会社、中国中鉄(390 HK)は1.8%高。 16のプロジェクトを受注したとの発表が好感された。

BEAユニオン・インベストメント・マネジメントの調査マネジ ャー、スティーブ・ツェ氏(香港在勤)は、「季節要因で、石油その他 燃料生産などの資源株が選好されている」と指摘。また、中国の銀行 については「今年は利益を伸ばすだろうが、中国当局の引き締め策を 考えると、2011年には影響を受ける公算が大きい」と述べた。

ハンセン指数は前日比347.57ポイント(1.5%)高の22969.30。 前日は10月4日以来の安値を付けていた。ハンセン中国企業株 (H株)指数は同1.6%高の12508.52。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE