米トウモロコシと大豆先物:2年4カ月ぶり高値-南米の天候懸念で

シカゴ商品取引所(CBO T)では28日、トウモロコシと大豆先物相場がともに上昇し、 一時2年4カ月ぶりの高値を付けた。両穀物の輸出で米国に次ぐ アルゼンチンとブラジルで、天候懸念が高まっている。

米民間気象予報会社のTストーム・ウェザーは28日付のリ ポートで、アルゼンチンの一部地域では38度を超える気温と乾 燥で、トウモロコシの作付けに支障が出るとともに大豆の生育が 遅れると予想。ブラジルについては、南部が一段と乾燥する一方、 北部では大雨で一部の農場に被害が出る恐れがあると指摘した。

アドバンテージ・トレーダーズ・グループ(シカゴ)の穀物 ブローカー、ダグ・バーグマン氏は「南米の生産をめぐる懸念が 高まりつつある」と述べた上で、世界供給が減少する中、穀物相 場は上昇していると指摘した。

CBOTのトウモロコシ先物相場2011年3月限は、前日比 8セント(1.3%)高の1ブッシェル当たり6.2325ドルで終了。 一時は6.2425ドルと、中心限月ベースで08年8月以来の高値 を付けた。10-12月(第4四半期)は26%上げている。

大豆先物11年3月限終値は2.5セント(0.2%)高の1ブ ッシェル当たり13.87ドル。一時は13.9675ドルと08年8月 以来の高値に達した。米国産大豆に対する中国の記録的な需要を 受け、第4四半期の上昇率は中心限月ベースで25%となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE