米TWC、シンクレア系列局の放送中止も-手数料めぐる対立で

米2位のケーブルテレビ(CAT V)運営会社タイムワーナー・ケーブル(TWC)は、テレビ局運営・ 番組配給会社シンクレア・ブロードキャスト・グループが提示してい た手数料引き上げの提案を拒否した。年明け以降、TWCを通じてシ ンクレアの系列局の放送を視聴できなくなる可能性がある。

シンクレアは28日の発表文で、TWCが1加入者当たり平均10 セントの値上げにつながる提案を拒否したと説明。TWCは代替案を 提示しなかったという。これはTWCのCATVを通じたシンクレア 系列局の放送が年末に打ち切られる可能性を意味する。その場合、T WCの500万世帯余りの加入者に影響が及ぶ。

TWCは発表文で、「妥当な合意」に向けた交渉には依然として前 向きであり、たとえシンクレアが12月31日をもって送信を停止した 場合でも、交渉終結を宣言する意思はないとしている。

-- Editors: Ville Heiskanen, Rob Golum

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Katie Hoffmann in New York at +1-212-617-5327 or khoffmann4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Peter Elstrom at +1-212-617-7884 or pelstrom@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE