ブラジル株:ボベスパ指数は反発、原油先高観で石油株が高い

28日のブラジル株式市場では指標 のボベスパ指数が反発。原油相場の先高観や国内での原油探査への期 待感から石油株が堅調となった。

原油相場の上昇に加え、政府機関が沖合での原油埋蔵の新たな証 拠を発見したことが好感され、OGXペトロリオ・エ・ガス・パルチ シパソンエスは4週間で最大の上昇。ブラジル石油公社(ペトロブラ ス)は6週間ぶりの高値を付けた。バンク・オブ・アメリカ(BOA) はペトロブラスの生産が「力強い回復」を見せていると指摘した。ブ ラジル最大の携帯電話サービス会社ビボ・パルチシパソンエスは4カ 月で最大の値上がり。ビボ株を固定電話会社テレコムニカソンエス・ ジ・サンパウロ(TELESP)と統合させる計画をはやした買いが 集まった。

ボベスパ指数は前日比0.4%高の68040.94で終了。同指数構成銘 柄のうち値上がりは38銘柄、値下がりは28銘柄。通貨レアルは0.3% 安の1ドル=1.6915レアル。

ネオ・ジェスタン・デ・レクルソスの運用担当者のアウグスト・ ランジェ氏は「今年は前年比プラス圏で取引を終える可能性がある」 と述べ、「世界的なインフレ加速観測を背景に、商品相場は総じて、来 年値上がりする見通しだ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE