12月28日の米国マーケットサマリー:株は上昇、ドルは一時81円82銭

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3118 1.3165 ドル/円 82.48 82.81 ユーロ/円 108.18 109.03

株 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率 ダウ工業株30種 11,575.54 +20.51   +.2% S&P500種 1,258.52 +.98   +.1% ナスダック総合指数 2,662.88 -4.39 -.2%

債券 直近利回り 前営業日比 米国債2年物 .74% +.10 米国債10年物 3.49% +.16 米国債30年物 4.53% +.13

商品 (中心限月) 終値 前営業日比 変化率 COMEX金 (ドル/オンス) 1,405.60 +22.70 +1.64% 原油先物 (ドル/バレル) 91.24 +.24  +.26%

◎外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場では、米ドルがオーストラリア・ドルと ニュージーランド・ドル、カナダ・ドルに対して下落。商品相場の上昇 で資源輸出国の通貨に対する需要が高まった。

米ドルは対円で6週ぶり安値に下落。米国の各種経済統計が予想 以上に弱い経済成長を示しており、連邦準備制度理事会(FRB)が 低金利政策を続けるとの観測が広がった。カナダ・ドルは対米ドルで 11月11日以来初のパリティー(等価)をつけた。スイス・フランは 対ドルで最高値を記録。欧州のソブリン債危機を懸念し、ユーロの代 替通貨が求められていることが背景にある。

コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジの主任市場アナリ スト、オマー・エシナー氏は、「オーストラリア・ドルは引き続き、 ニュージーランド・ドルやカナダ・ドルとともに好調だ」とコメント。 「これは米ドルの全般的な弱さや、商品相場全体の値上がりによるも のだ」と説明した。

ニューヨーク時間午後4時4分現在、ドルは対オーストラリア・ ドルで0.5%下落して、1豪ドル=1.0093ドル。前日は1.0046 ド

ルだった。対ニュージーランド・ドルでは1.1%安の1NZドル=

75.83米セント。対カナダ・ドルでは0.7%下げて1ドル=99.98 カナダ・セント。カナダ・ドルは一時99.76カナダ・セントと、4月 26日以来の高値に上げた。

ドルは対ユーロで0.4%上昇の1ユーロ=1.3119ドル。一時は 同1.3275ドルと、17日以来の安値をつける場面もあった。ドルは 対円で一時1.2%下げて1ドル=81円82銭。11月12日以来の安値 だった。

◎米国株式市場

米株式相場は上昇。世界的な需要増加の兆候からエネルギーや金 属が値上がりしたことで、商品株が買い進まれた。S&P500種株価 指数は、12月の上げとしては1991年以降で最大となっている。

S&P500種のエネルギー・資源株指数は主要10業種中で最大 の上げとなった。シェブロンやニューモント・マイニングが高い。ゼ ネラル・モーターズ(GM)も上昇。JPモルガン・チェースやモル ガン・スタンレーのアナリストによる買い推奨が好感された。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価 指数は前日比0.1%高の1258.51。一時はもみ合う展開となった。 月

初からは6.6%上昇している。ダウ工業株30種平均は20.51ドル (0.2%)上げて11575.54ドル。

ウェルズ・キャピタル・マネジメントのチーフ投資ストラテジス ト、ジェームズ・ポールセン氏は、「ポートフォリオマネジャーらは 年末のこの時期に、株式の比重を非常に軽くし債券を重くするという 戦略は取りたくないと考えている」と指摘。「年末の時点での成績は、 株式が債券を上回る見通しだ。だから株が買われ、債券が売られてい る」と続けた。

◎米国債市場

米国債相場は下落。この日実施された350億ドル規模の5年債入 札では、需要が6カ月ぶりの低水準にとどまった。

償還期限が1年以上の米国債のリターンは月間ベースで、世界の 国債のうちで最大のマイナス幅となる見通しだ。この日の入札では、 落札全体に占めるプライマリーディーラーの割合が5年債の入札とし ては2009年7月以来の最高となった。2年債利回りは6月以来の高 水準を付けた。

BNPパリバの金利ストラテジスト、ロヒト・ガーグ氏は、「入 札は予想よりもはるかに不調だったため、プライマリーディーラーが 通常よりも多くを引き受けなくてはならなかった」と指摘。「これが 国債市場の重しになっている」と述べた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時 間午後2時24分現在、既発の5年債利回りは前日比11ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.14%。同年債(表面利率

1.375%、2015年11月償還)価格は1/2下げて96 15/32。

10年債利回りは一時14bp上昇の3.47%と、日中としては14 日以来の大幅な上げとなった。2年債利回りは一時10bp上昇の

0.7433%と、6月21日以来の高水準。30年債利回りは13bp上 昇

の4.53%。

◎金先物市場

ニューヨーク金先物相場は大幅上昇。過去7週間で最大の値上が りを記録した。欧州の債務危機が拡大するとの懸念で、安全逃避先と しての金需要が押し上げられた。

フランスの第3四半期(7-9月)経済成長率(確定値)が速報 値から下方修正されたことに反応し、ドイツ国債は4日ぶりに上昇し た。英ポンド建ての金はこの日、過去最高値を更新した。ニューヨー ク金は年初来、28%上昇。今月7日には1オンス当たり1432.50ド ルの最高値に上昇した。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)の ヘッドディーラー、フランク・マギー氏は、「欧州の為替市場で動き があった」と述べ、「質への逃避先としてドルや金に資金が流れてい る」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 2月限は前日比22.70ドル(1.6%)高の1オンス=1405.60ドル で終了した。中心限月としては、11月4日以来で最大の上げだった。

◎原油先物市場

ニューヨーク原油先物相場は2年2カ月ぶりの高値付近で取引さ れた。米小売業者の今年の年末商戦の売上高が5年ぶりの高い伸びと なったほか、米原油在庫の月間の減少幅が2006年12月以来の最大 に

なるとの予想が手掛かり。

米マスターカード・アドバイザーズの調査会社スペンディングパ ルスによれば、11月5日から12月24日までの小売売上高は前年同 期比5.5%増の5840億ドル(約47兆8400億円)。昨年は4.1% の

伸びだった。ブルームバーグがまとめたアナリスト調査によると、原 油在庫は過去1年間で最長の4週連続で減少したとみられている。

エネルギー顧問会社、オイル・アウトルックス・アンド・オピニ オンズ(ヒューストン)のカール・ラリー社長は、「原油はバレル当 たり90ドル近辺にとどまっており、新年の100ドル突破を意識して いる」と指摘。「需要は上向きつつあり、今後数カ月には一段と増加 するだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前日 比49セント(0.54%)高の1バレル=91.49ドルで終了した。年 初

からは15%の値上がり。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor:Shigeki Mori 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE