中国銀監会主席:大手行の資本要件、緩やかな引き上げ必要-財新誌

中国銀行業監督管理委員会(銀 監会)の劉明康主席は、国内大手銀行について、循環リスク対応とシ ステム上での重要性を考慮し、こうした銀行の資本要件を「緩やか」 に引き上げる必要があるとの認識を示した。中国誌、財新とのインタ ビューで語った。

財新がウェブサイトで28日公表したインタビュー内容によれば、 銀監会はまた、自己資本比率とレバレッジや流動性の比率、不良債権 比率の許容度に関する制度の改善も進める。監督の程度と頻度も強化 するという。

劉主席は、銀監会が中国の「大き過ぎてつぶせない」金融機関に ついての規定を立案しているとも述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Jun Luo in Shanghai at +86-21-6104-3036 or jluo6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bloomberg News at +86-10-6649-7565 or jliu42@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE