シルバ精:手形交換所による取引停止処分、東証上場廃止基準に抵触

シルバー精工は28日、手形交換所に よる取引停止処分を受け、銀行取引が停止されたと発表した。不渡りと なった手形総額は10億円。今回の約束手形の取り立て行為は、借入先の 代理人弁護士の署名押印の預かり証に違反しており、法的措置も検討し ているという。手形交換所による取引停止処分を受けたことに伴い、同 社株式は東京証券取引所の上場廃止基準に抵触する。同社は今後も事業 の継続を図るため、支援候補者と交渉を進め、経営の正常化を目指す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE