米GE:ロシアで医療機器と発電設備の合弁会社2社設立で合意

米ゼネラル・エレクトリック(G E)は、ロシアでエネルギー関連設備と医療機器をそれぞれ製造・販売 する合弁会社2社を、ロシア国営のインターRAO・UESとロシア ン・テクノロジーズとの間で設立することで合意した。

モスクワで27日配布された発表資料によると、中央ロシアのヤロ スラブリで、ガス火力発電設備を製造・販売する合弁会社にはGEが 50%、ロシア企業2社が25%ずつ出資する。GEはまた、ロシアン・ テクノロジーズと設立する医療機器の製造・販売の合弁会社は折半出資 とする。

GEのロシアでの2009年の売上高は約160億ドル(約1兆3200 億円)。ロシアでの事業開始は1920年代で、現在は国内25都市に従 業員約2500人を抱える。

ロシア・エネルギー省の資料によれば、同国は今後10年で発電設 備更新に向け、約800億ドルを投じる計画。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE