ヤンキース社長:アメフトのボウルゲームの経済効果は3000万ドル

米大リーグ、ニューヨーク・ヤ ンキースのランディ・レバイン球団社長は、30日にヤンキースタジア ムで開催予定の米大学アメリカン・フットボールのイベント「ピンス トライプ・ボウル」について、ニューヨーク市の経済を最大3000万 ドル(約24億7300万円)押し上げる効果があるとの見解を示した。

レバイン社長は27日のブルームバーグラジオとのインタビュー で、「われわれが昨年にピンストライプ・ボウルを発表した時、市長と 経済開発公社は、ホテルやレストラン、観光客から市が受ける経済効 果を2000万ドルから3000万ドルと指摘していた」と語った。

ピンストライプ・ボウルは新ヤンキースタジアムで開かれる初の 大学アメフトのボウルゲーム(シーズン後の試合)で、シラキュース 大学とカンザス州立大学が対戦する。レバイン社長によると、ピンス トライプ・ボウルのスポンサー収入は250万ドル以上で、3万6000 枚席以上が売れた。ヤンキースは先週、チケット6000枚を地域団体 や復員軍人団体に寄贈したという。

同スタジアムでは11月にノートルダム大学と陸軍士官学校の試 合が開催された。ラッパーのジェイ・Zやエミネムのコンサートも最 近行われ、チケットは完売となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE