小沢氏が衆院政倫審出席を表明、内閣改造が政局の焦点に(Update2)

民主党の小沢一郎元代表は28日午 後、国会内で記者会見し、1月に開幕する通常国会で衆院政治倫理審 議会(政倫審)に出席する意向を表明した。菅直人首相(党代表)ら の要請を受けた形で、小沢氏は挙党一致で政治に取り組むのが目的と 強調した。これを受け、政局は通常国会前に首相が参院で問責を受け ている仙谷由人官房長官、馬淵澄夫国土交通相の交代を含めた内閣改 造に踏み切るかどうかが焦点となる。

同党は菅首相も出席した27日の役員会で、小沢氏の政倫審出席を 求める議決を通常国会前に行う方針を決めていた。小沢氏は28日午後 2時すぎからの緊急記者会見で、自らの決断理由について「国民の生 活が第一という政治を挙党一致で実現していくためには、この際、私 が自ら進んで決断することがそのことに少しでも資することになるの ではないかということだ」と説明した。

小沢氏は仙谷氏の交代を含めた内閣改造について「私は内閣を改 造する権限も何もないし、それに意見を述べる立場でもない」とコメ ントを避けた。自らが強制起訴された場合に離党するかどうかについ ては「まだ起訴もされていないのに、起訴されたらどうかと聞かれて も返答のしようがない」と述べるにとどめた。

これを受け、菅首相は28日夕、官邸で記者団に対し、小沢氏の政 倫審出席表明について「大きな前進だと受け止めている」と指摘した。 ただ、その時期については「党役員会でもこの問題は早くけじめを付 けようという声が大勢で、その中で次の通常国会が始まるまでに政倫 審に出席をされたい、それが党の決定だ」とした上、同氏に対し、こ の決定に従うよう求めた。

また、内閣改造については「次の通常国会までに強力な態勢を作 りたいといろいろ考えている」と強調したが、仙谷、馬淵両氏の交代 については「いま申し上げることはい」とコメントを避けた。

司法手続き

これまで小沢氏は菅首相や岡田克也幹事長らからの政倫審出席要 請に対し、「具体的な司法手続きに入っており、三権分立や基本的人権 の尊重という憲法上の原理原則からいえば、出席する合理的な理由は ない」と指摘していた。

小沢氏は通常国会で政倫審に出席する具体的な時期については① 出席することで予算案の審議をはじめ、国会の審議が円滑に進められ るということであれば、冒頭にも②政倫審出席が国会審議開始の主た る条件でなければ、予算成立の後速やかに-の2つのタイミングを列 挙。その上で、「いずれにしても時期についてはそのときの状況判断 だ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE