中国:河北省で6人を拘束、化学物質混入のワイン製造で-質検総局

中国北部の河北省で、化学物質で 汚染されたワインを製造したとして6人が拘束された。国家質量監督 検験検疫総局(国家質検総局)が28日発表した。

同局のウェブサイトに掲載された声明によると、河北省秦皇島市 当局は、基準を満たしていないワインを製造したとされる企業が保有 する16の銀行口座の資金280万元(約3500万円)を凍結した。

毒性のある化学物質メラミンの混入したミルクの摂取で少なくと も6人の乳幼児が死亡し、約30万人が健康被害を被った2年前の事件 を受けて、中国政府は国内の食の安全基準の強化に取り組んでいる。

--Michael Wei. Editors: Garry Smith, Vipin V. Nair.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Michael Wei in Beijing at +86-10-6649-7717 or mwei13@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bloomberg News at +86-21-6104-3042 or swong139@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE