中国人民銀:1年物手形発行金利を7週間ぶり引き上げ

中国人民銀行(中央銀行)は28 日の公開市場操作(オペ)で、1年物手形の発行金利を7週間ぶりに 引き上げた。

人民銀のウェブサイトに掲載された資料によれば、人民銀は1年 物手形10億元(約125億円)を金利2.5115%で発行。前週の

2.3437%から引き上げた。中国債券信息網が集計したデータによると、 前日の流通市場で1年物手形の利回りは3.55%。

人民銀は25日に0.25ポイントの利上げに踏み切り、1年物貸出 金利を5.81%、1年物預金金利を2.75%とした。

国信証券(上海)の債券アナリスト、李懐定氏は「人民銀は来週 のオペで発行金利をもう一度引き上げる可能性がある」と述べた上で、 「発行金利は1年物預金金利に近い水準に引き上げられるだろう」と 語った。

--Judy Chen. Editors: James Regan, Simon Harvey

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: 東京 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Judy Chen in Shanghai at +86-21-6104-7047 or Xchen45@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE