日本株反落、資源や輸出安い-中国と円高懸念、売買細る

東京株式相場は反落。金融引き締 めによる中国経済減速の可能性が懸念され、鉱業や石油といった資源 関連業種が下げた。為替市場で円が対ドルでじり高基調にあることが 嫌気され、自動車や精密機器など輸出関連株の一角も安い。

日経平均株価の終値は前日比63円36銭(0.6%)安の1万292 円 63銭、TOPIXは同1.85ポイント(0.2%)安の902.83。東証1部 の売買高は概算で10億8337万株と、ことし最低を記録。売買代金は 7192億円と3日連続の1兆円割れで、1月4日の大発会(7080億円) 以来の低水準となった。

しんきんアセットマネジメント投信の藤本洋主任ファンドマネー ジャーは、中国について「金利動向などから一段の利上げも織り込み 始めているが、利上げの小出しだけではインフレを抑えられない」と の見方だ。持続的な成長に向け、「先行き不透明感は根強い」と言う。

中国人民銀行(中央銀行)は25日、10月以来、約2カ月ぶりに 利上げを実施すると発表。これを受けた中国株式市場は、上海総合株 価指数が27日の取引終盤から失速。28日も続落の動きで、10月8日 以来の安値水準に沈んだ。

日興コーディアル証券国際市場分析部の河田剛部長は、「中国は物 価コントロールが難しい状況になっており、年明け早々にもさらなる 追加利上げを迫られる可能性がある」と警戒している。金利引き上げ による中国景気への悪影響とそれに伴う需要減退が懸念され、東京市 場でも国際石油開発帝石、石油資源開発、昭和シェル石油、東燃ゼネ ラル石油、三菱商事など資源関連株が下落。昭シェルと東燃ゼネ石は、 期末配当の権利落ちも影響した。

3週ぶり円高、海外勢は不在

このほか、きょうの東京外国為替市場では、円が対ドルでじり高 歩調をたどり、一時1ドル=82円42銭と3週間ぶりの円高・ドル安 水準を付けた。収益への悪影響が懸念され、自動車や精密、ゴム製品 など輸出関連株の一角が軟調な動き。さらに業種別では、NTTやK DDIなど情報・通信株、JTなど食品株も弱い。

もっとも、ことし最終週を迎えて市場全体の売買シェアで約6割 を占める海外投資家の多くが不在とみられる中、相場全般に対する売 り圧力は限定的だった。丸三証券の牛尾貴投資情報部長は、朝方の外 資系証券での注文状況を見ると、「海外投資家の多くがクリスマス休暇 からまだ戻っていないようだ」と指摘。海外勢の売り買いが減ってお り、「相場にはっきりとした方向性が出ずに、こう着した」と見ていた。

市場観測によると、この日取引開始前の外資系証券10社経由の注 文状況は、買い615万株に対し売り595万株と差し引き20万株の買い 越しで、金額ベースでは小幅な売り越しだったもよう。売り買いとも 1000万株を下回るのは、6月1日以来だ。

金融は堅調

東証1部の33業種別指数では銀行、証券・商品先物取引、保険、 海運、繊維製品、陸運など8業種が上昇。銀行では、時価総額上位の みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループ、 三菱UFJフィナンシャル・グループの3大金融持ち株会社がそろっ て買われた影響で、TOPIXはプラス圏に転じる場面も見られた。

しんきんアセットの藤本氏は、このところ資源や輸出関連株が下 げても、内需の柱である銀行株が買われる場面が目立ち、大きく調整 することなく日本株が底上げされてきた点を評価。「相場のバランスが 取れており、良い循環に入っていると言えなくもない」と話している。 東証1部の騰落銘柄数は値下がり754、値上がり721とほぼきっ抗。

アドテストや宝印刷安い、不二越やミニスト上昇

個別では、足元の受注状況は厳しいと野村証券の和田木哲哉アナ リストから指摘されたアドバンテストが下落。企業のコスト削減意識 の高まりからディスクロージャー印刷が低迷し、2011年5月期の業績 予想を下方修正した宝印刷も安い。東証1部の下落率上位には鳥越製 粉やSRIスポーツ、船井総合研究所など配当権利落ち銘柄が並んだ。

半面、新興国を中心に自動車用軸受けなどが伸び、10年11月期 の連結経常利益は65億円程度と、従来予想を5億円ほど上回った公算 が大きいと28日付の日本経済新聞朝刊で報じられた不二越が上昇。三 菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「アウトパフォーム」 に上げたミニストップ、公的資金200億円を完済する計画を示した東 日本銀行も買われた。太陽光や風力発電装置、鉄道車両に搭載する新 型コンデンサーを来年投入ことが明らかになった双信電機は、2日連 続のストップ高(値幅制限いっぱいの上昇)。

国内新興市場は、ジャスダック指数が前日比0.1%高の52.13、東 証マザーズ指数は0.3%高の434.93とともに小反発。塩野義製薬と核 酸医薬を使ったアトピー性皮膚炎の治療薬を共同開発するライセンス 契約を結んだアンジェスMGが買われ、ユビキタス、フェローテック、 セブン銀行も高い。半面、日本通信、大阪証券取引所、スタートトゥ デイ、テラプローブが安い。11年7月期の利益予想を減額した明豊エ ンタープライズは下げた。

-- Editor:Shintaro Inkyo、Makiko Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 河野敏 Satoshi Kawano +81-3-3201-2483 skawano1@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港 Nick Gentle +852-2977-6545 ngentle2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE