NY金:上昇、通貨のボラティリティーで金属需要が拡大との思惑

ニューヨーク金先物相場は上昇。 為替相場の大幅な値動きを背景に、安全逃避先としての金需要が押し 上げられるとの観測が広がった。

ドルは主要6通貨バスケットに対して下落。前週までは3週連 続で上げていた。金相場は年初から26%値上がりしており、12月7 日には最高値のオンス当たり1432.50ドルを記録した。欧州の債務 危機や米国の低金利が貴金属投資の拡大につながっている。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・ レシュ氏(シカゴ在勤)は、「米国だけでなく欧州も含めて債務が懸 念事項だ」と述べ、「これは通貨のさらなる不安定さを意味するだけ でなく、資本が金に流れ込むことにもなる」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 2月限は前営業日比2.40ドル(0.2%)高の1オンス=1382.90ド ルで終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE