中国株(終了):4日続落、利上げ加速を懸念-人民元NDFは上昇

中国株式相場は4営業日続落。 プラス圏で推移していたが、引けにかけて下げに転じた。週末に政策 金利を引き上げた中国人民銀行(中央銀行)が利上げペースを加速さ せるとの思惑が広がった。債券も下落。人民元のノンデリバラブル・ フォワード(NDF)は上昇した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は、前週末比53.76ポイント(1.9%)安の

2781.40と、10月8日以来の安値で引けた。資源関連から消費関連ま で幅広い銘柄が売られた。

アルミニウム生産中国最大手のチャルコ(中国アルミ、601600CH) は2.3%安。亜鉛精錬の株州冶煤集団(600961 CH)は4.7%下げた。 金融引き締めで経済成長が鈍化するとの懸念が高まった。

酒造会社の貴州茅台酒(600519 CH)も3%安。家電メーカーの 広東美的電器(000527 CH)は4%安。中国建設銀行(601939 CH) も1.3%下げた。

上海坤陽投資管理のファンドマネジャー、戴明氏は、「今回の利 上げは長期にわたって株価に織り込まれてきたため、投資家は当初安 心感を持った。しかし現在は先行きを考えている。1回の利上げでは インフレ管理には十分でないとの考えだ。これが株価の重しとなり続 けるだろう」と述べた。

上海、深セン両証取のA株に連動しているCSI300指数は前週 末比2%安の3099.71。

中国銀行間債券市場のデータによると、10年物国債(表面利率

3.67%、2020年10月償還)の利回りは、9ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)上昇し3.90%となった。

一方、ブルームバーグのデータによれば、1年物のNDFは香港 時間午後3時34分(日本時間同4時34分)現在、前週末比0.4%高 の1ドル=6.4765元。一時は6.4740元と、11月23日以来の高値を 付けた。NDFは元が今後1年で2.4%上昇するとの予想を織り込ん でいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE