【注目株】三井物、スクリン、キョーリン、伊藤園、楽天、日トリム

28日の日本株市場で値動きが注目 される銘柄は以下の通り。

三井物産(8031):70%を出資するエムティーファルコンホールデ ィングスの持ち分の30%を中部電力と東北電力に譲渡すると27日発表 した。ファルコン社は、メキシコ北東部に天然ガス火力発電所を保有す る発電事業会社などを持つ。天然ガス火力発電所を保有する発電事業会 社などを持つ。同社はまた、LED(発光ダイオード)事業への参入を 目的に、台湾のフォーエピ社に資本参加するとも発表。2011年2月中 に同社株式の約15%を取得する予定で、出資額は約76億円。

大日本スクリーン製造(7735):台湾の半導体ファウンドリー(受 託生産)、台湾積体電路製造(TSMC)は、スクリンなど3社から装 置など総額17億9000万台湾ドル(約50億円)相当を購入したと27日発表 した。スクリンからの購入分は6億8800万台湾ドル相当という。

キョーリン製薬ホールディングス(4569):沢井製薬(4555)に書 簡を送付したと発表した。沢井製薬の統合提案を断った理由は同社のビ ジネスモデルに賛同できないことであるが、自社の事業環境認識、戦略 の詳細な説明をすることは、同種の事業を営んでいることなどから適当 でないとしている。

伊藤園(2593):発行済み株式数の0.9%に当たる30万株を上限 に自己株式(第1種優先株式)を取得し、すでに保有する分と合わせた 計90万株を消却すると発表した。取得期間は28日から11年2月22日 までで、消却予定日は3月31日。

日本トリム(6788):発行済み株式数の1.4%に当たる6万株、取 得総額として2億5000万円を上限に自己株式を取得すると発表した。

楽天(4755):アイリオ生命保険に対する議決権比率を14.9%か ら33.9%に引き上げ、持分法適用関連会社化すると発表した。

宝印刷(7921):企業のコスト削減意識の高まりからディスクロー ジャー印刷が低迷、11年5月期の連結純利益予想を従来比56%減の3 億4000万円に下方修正した。

ダイト(4577):政府による調剤報酬の改定などの政策を受けてジ ェネリック市場が拡大しており、11年5月期の連結純利益は従来予想 比19%増の9億5000万円に上方修正した。

JXホールディングス(5020):傘下のJX日鉱日石エネルギーは 1月の原油処理量を前年同月比横ばいの663万キロリットルにすると発 表した。

サーラコーポレーション(2734):持ち分法による投資利益など営 業外収益の増加を受け、10年11月期の連結純利益は従来予想比40%増 の2億1000万円になったようだと発表した。

Editor:Makiko Asai

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 常冨 浩太郎 Kotaro Tsunetomi +81-3-3201-2089 ktsunetomi@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Nick Gentle +852-2977-6545 ngentle2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE